手形山すずき動物病院ロゴ

予防

  • 犬の予防

  • 猫の予防

・フィラリア予防

フィラリア症は蚊によってうつされる病気です。
フィラリアの虫体が心臓や肺動脈に寄生し、咳が出る、疲れやすい、血尿などの症状がでます。
重度感染の場合は死に至る病気ですが、予防すれば100%防げます。
フィラリアの予防期間は蚊の発生に合わせ、5月~11月末の間は飲み薬やスポット剤(滴下型)を使用します。

※フィラリア予防薬を安全にご使用いただくために、当院では「フィラリア血液検査+フィラリア予防薬」のセットを推奨します。
フィラリアに感染した状態で予防薬を投与すると、アレルギー反応、虫体の塞栓により死亡する場合があります。

・混合ワクチン

当院では6種と8種のワクチンを用意しています
ウイルスによる病気の伝播を防ぎます。
ひとたび感染して症状がでると重篤になることも多いですが、そのリスクは予防によって
かなり下げることができます。
伝染病から愛犬を守るには、ワクチンを定期的に接種させることが重要です。

病気の名前 6種 8種
犬伝染性肝炎
犬ジステンパー感染症
パラインフルエンザ
パルボウイルス感染症
犬伝染性喉頭気管炎
コロナウイルス感染症
レプトスピラ感染症 (2型)  

・ノミ・マダニ予防

 ノミは犬や猫に最も一般的に見られる寄生虫のひとつです。ノミは、成虫、卵、幼虫、さなぎ、そしてまた成虫と複雑な成長過程を繰り返し、皮膚病、血液病、消化器への寄生虫感染の原因になります。
 昨今の家庭環境を合わせると、13℃あれば繁殖サイクルが回るため、定期的な予防が必要といえます。
健やかな生活を送るためにも確実な予防を心がけましょう。

ノミ・マダニ予防

・狂犬病予防接種

 狂犬病は、人にも感染する人獣共通感染症。発症すると死亡率はほぼ100%の病気です。法律により、生後91日齢以降の犬には接種を義務付けられています。当院では1年に1回の定期接種を推奨しています。

・フィラリア予防

フィラリア症は蚊によってうつされる病気です。
犬と違い、猫の体内では成長しにくいといわれますが、まれに感染を起こし、突然死の原因になることもあります。
重度感染の場合は死に至る病気ですが、予防すれば100%防げます。
フィラリアの予防期間は蚊の発生に合わせ、5月~11月末の間は飲み薬やスポット剤(滴下型)を使用します。

・混合ワクチン

当院では3種、5種のワクチンを用意しております
ウイルスによる病気の伝播を防ぎます。
ひとたび感染して症状がでると重篤になることも多いですが、そのリスクは予防によって
かなり下げることができます。
伝染病から愛猫を守るには、ワクチンを定期的に
接種させることが重要です。

病気の名前 3種 5種
猫ウイルス性鼻気管炎
猫カリシウイルス感染症
猫汎血球減少症
猫白血病ウイルス感染症  
クラミジア感染症  

・ノミ・マダニ予防

ノミ・マダニは猫の皮膚の痒み・皮膚病の原因になります。ノミが寄生した場合、皮膚を噛むことでノミの唾液が体内に入り炎症を起こします。
ダニも同様、様々な病原体をもっており、吸血により病原体を移し、重度の貧血を呈するヘモプラズマ症などの発症要因になります。
確実に予防することをおすすめします。

ノミ・マダニ予防

お知らせ

イラスト01
イラスト02